ブランド品買取の代名詞 ルイ・ヴィトン

ブランド品の買取のイメージと言えば、代表と言えるブランドはやはりルイヴィトンではないでしょうか。これはやはり流通量に由来するものであり、ヴィトンを店頭に陳列しているブランド買取店を良く見かける事もあり、知らず知らずの内に皆さんの意識に定着している事もあり、『ブランド品の買取』と言われルイヴィトンをイメージされた方へ意識付けがされているという事です。

では、そのルイヴィトンのアイテムは実際の買取時における金額の水準は如何なのでしょうか。

結果から言いますと、ルイヴィトンの有り触れたアイテムの買取水準は他のブランドに比べ高値に設定されています。

 

理由は上述の『流通数』が一番の所を占めています。

流通数が多い=需要が多い

という事ですので、誰もが持っている様なバッグや財布の方が買取金額は高く、換金率も良い傾向が見られます。

 

ヴィトンにも高級なレザーを用いたラインが幾つもありますが、やはりヴィトンで売れているラインは一般的なモノグラムやダミエ等の非常に”良く見かける”ラインとなっています。

理由は、例えば予算50万円でバッグを買おうと思った。とします。

まず、『50万円もの高額なバッグを買う際にルイヴィトンを選択するのか?』と、言う所が一番目に来る問題です。

回答としては『50万円もするバッグを買う場合はシャネルかエルメスを選択する。』と、いうのが圧倒的多数の見解になります。

 

ヴィトンのアッパーラインの購入を選択する人は、心底ヴィトンのファンの人なので、リサイクルショップでヴィトンを購入すると言う選択肢はありません。

よっぽどの限定品で、既に廃盤になってしまった物であれば、その様な選択もするでしょうが、基本的にはルイヴィトンのブティックで新品を購入しますので、ブランドの買取店での販売品には興味がありません。

 

上記の理由から、ルイヴィトンのアッパー商品はブランドリサイクルショップでは需要が低いという事です。

 

ですので、かなり上の方で述べました、『ブランド買取店で良く見かける至って普通のヴィトン製品の方が買取率は高い』のです。

ルイヴィトン製品を購入し、後々に売却を視野に入れている方はその辺りも考慮して購入される事をお勧めします。

Sorry, comments are closed for this post.